建売住宅と注文住宅はどちらが良いか、メリットとデメリットで考える

それぞれの特徴を比較検討して考えてみよう

自分が感じる家へのこだわりは何か

建売売りには建売の良さ、注文住宅には注文住宅の良さがあります。
住宅をしようと考えた時に、何に拘りたいかは人それぞれです。

注文住宅は自分の思い通りに設計できるし、時間をかけて建てられる分住宅としての品質の高さが期待できるようなので、拘りを追及したい、考えたり提案したりするのが好きな人にとっては魅力的な選択肢かと思います。
自分はセンスもないし細かい事まで決めるのが苦手な人にとっては建売でいくつか実際に見に行って気に入った家を買えば良いほうが楽だと感じる場合もあります。

一般的に建売住宅よりも注文住宅の方が費用がかかります。
住宅に費用がどこまでかけられるかも収入や家族構成によっても違うので、予算を先に決めてからどちらを選ぶのが良いか考えるのも良いですね。

情報収集する時間は惜しまない

住宅を購入しようと思ったら、業者に全てお任せのスタイルではなく自分で情報収集する事をおすすめします。

注文住宅の方がクオリティーの高い家が完成できると言われてはいますが、残念ながら期待を裏切る業者もあるようです。
建売でも同じことが言えますが、住宅が完成する前に契約できる場合もあり、ある程度の希望は聞いてもらえたというラッキーな人もいます。

注文住宅だから、建売だから必ず同じパターンになるとは限らない部分もあるので、後悔しない為にも先入観や勢いで決める事は避け、良く調べて判断するのがベストです。

大きな買い物なので迷う事も多いかと思いますが、迷ったら各住宅会社が行っている勉強会や相談会に参加してみるのも手です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る