建売住宅と注文住宅はどちらが良いか、メリットとデメリットで考える

注文住宅の特徴

注文住宅を選ぶメリットは

土地選びから間取りを決めるなど家へのこだわりを追及する事ができます。
その分、時間も手間も費用も悩みも増えるかもしれませんが、高い満足度が得られるでしょう。
家を建てるまでに関わる人たちともコミュニケーションを取れるのも安心できます。
やり取りをしながら工事を進めていくので、お互いに手を抜けませんし、施工側も手抜きやいい加減な事をすればクレームとなり評判が落ちるので、クオリティーの高さは重要視されるでしょう。
注文住宅を担当する職人さんは腕が高いとも言われています。

建売の場合は決められた期限に多くの住宅を完成しなくてはならないのでスピードが最優先になる部分が多いですが、注文住宅の場合は完成するまでに時間がかかる分、丁寧に仕上げられ品質も期待できるようです。

注文住宅を選ぶ時に気を付けたいデメリット

自由度の高さが最大のメリットではありますが、そこに拘り過ぎてしまうと費用も時間もかかってしまいます。
悩んでしまうとなかなか決められなくなってしまって引っ越しが先延ばしになってしまうこともあります。
優柔不断だったり、自分で手間をかけて行動するのが苦手な人には強いストレスを感じるかもしれません。

住宅会社とコミュニケーションが取れないと自分の希望が伝えにくかったり、住宅会社の方に主導権を握られ不信感を感じる事があるようです。
自分の住みたい家を作りたくて注文住宅を選んだのに、それが通らないとガッカリしてしまいます。
そうならない為にも、こちらもある程度知識をつける必要と情報収集は手を抜かず、業者選びは慎重にしなくてはならないです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る