建売住宅と注文住宅はどちらが良いか、メリットとデメリットで考える

建売住宅と注文住宅はどちらにすれば良いのか

建売を購入するメリットは何か

大きなメリットとしては、注文住宅と比べると建売住宅は格安で購入することができるという事です。
住宅会社がまとめて土地を購入して、一気に複数の住宅を建設してから販売します。
その為、材料の搬入や人件費などのコストが下げられ、工事の効率は上げられるので価格を下げて提供する事が可能になっています。

出来上がってから売られるので、間取りやデザインを気に入るか実際に内観してから決定できるのも安心です。
引っ越しまでの時間も短くて済むので、住宅購入にあまり時間がかけられない人にとっては建売はありがたいかと思います。

また建売の場合は売れ残らない為にも土地選びも慎重に検討されているのもあり、立地が良い場所であることが多いです。

建売住宅のデメリットについても把握する

最大のデメリットは自由度の低さかもしれません。
土地も建物もすでに決定されているので、立地や住宅のデザインを自分で決めるのではなく、気に入るか気に入らないかが購入のポイントになります。

デメリットとしては、同じパターンの住宅の材料の仕入れから建設までの流れを一気に行う事が多いので、材料や工事のクオリティーが下がりやすいという傾向があるようです。

建設段階から関わることが少ない分、どんな基礎工事や施工がどんな人たちによって行われたのかがわからないというのは不安な部分として大きいかもしれません。
建築費のコスト削減の為、見た目でわかる部分は良い物を使っていても、見えない部分の材料費を下げているという話も多く聞く話です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る