どちらがいい?建売住宅と注文住宅のメリットとデメリット

建売住宅と注文住宅はどちらが良いか、メリットとデメリットで考える

建売住宅の特徴

住宅を購入するなら、建売住宅と注文住宅のどちらを選んだら良いのかと悩む人も多いかと思います。
大きな買い物になりますし、購入したら簡単に引っ越しも出来ないので失敗はできません。
建売住宅と注文受託、それぞれの特徴やメリットとデメリットを知って比較検討し、どちらの方が自分に合っているのか決定したいですね。

大まかに、建売住宅はすでに出来上がっているものを購入するので安く購入できる、注文住宅は土地選びから部屋の間取りなど自分の希望優先で決められる分、費用は高いという印象はあるかもしれません。

どちらにもメリットとデメリットがあります。

建売住宅はまとめて土地を購入し住宅を建設するのでコストが抑えられる分、安く購入できるのがメリットです。
また、売れ残る事がないように立地も良い場所が選ばれている事が多いです。
デメリットには、まとめて工事や建設を急ぐ部分があり住宅としてのクオリティーが下がるという話を聞きます。

注文住宅は自分で土地探しからして、どんな間取りにしたいか素材なども含めて自分の希望を優先に決める事ができます。
自由度が高いのが最大のメリットでしょう。
自分で決める部分が多いので、拘れば拘るほど時間も費用も高くなってしまいます。

どちらを購入するのが正解なのかは、結局は買う人が何を優先したいかにかかっていま
す。
購入してから失敗だったと後悔する事のないように最低限の知識を身につけておく事も必要になります。

TOPへ戻る